ストレスで肥満になる?

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムEXIM 小形です!


ストレスで食べ過ぎてしまって太ってしまいました。

これもカウンセリングでよくあるお話です。


今日は何故ストレスで食べ過ぎて太ってしまうのかについてです!

ストレスを感じるとアドレナリンやコルチゾールといった副腎皮質ホルモンの分泌が増加します。

アドレナリンは聞いたことのある方も多いですよね!


ストレスと食べ過ぎにはこのホルモン達が関係しています。

運動もカラダにストレスを与えているので、運動時にも分泌が増加されます!


運動をしている時はこのホルモンによって肝臓に貯蔵されているグリコーゲン(肝臓に貯蔵されている糖)を分解して糖を放出します。糖は運動時に筋肉のエネルギーになる為、放出された糖は筋肉で利用されてなくなります。


しかし、ストレスによってこのホルモン分泌が増えると、運動時のように肝臓から糖放出が起こりますが、運動しているわけではないので、糖は筋肉では利用されず血液中に溜まり高血糖を引き起こします。

この時使われなくて余った糖は行き場がないので体脂肪として蓄積されます。


さらに、肝臓のグリコーゲン量の低下は空腹感を感じる要因の1つなので空腹感も強まります。そして食べ過ぎます。


これが繰り返されることがストレスで食べ過ぎて太ってしまうメカニズムです。


このようにストレスによって太ってしまうメカニズムはあるのですが、多くの方はストレスだけが問題になっているわけではないので、肥満を解消するにはまずは生活習慣の改善から始めましょう!


ネット予約はこちらからどうぞ!


パーソナルトレーニングジムEXIM

南平岸駅から徒歩30秒 パーソナルトレーニングジムEXIM

0コメント

  • 1000 / 1000